のんびり気ままな一人旅を楽しもう!

>

一人旅を満喫しよう

人気観光地はなるべく避けましょう

伊豆や箱根など、誰もが知っている著名な温泉街。
著名なだけに、ほぼ完成された温泉街ならではのサービスが充実していますが、残念なことにあまり「一人旅」向けとはいえません。
最近ではずいぶん「一人旅」というものが認知されてきていますが、やはり著名な温泉地は、いまだに「一人客」よりは「団体客」に注力されています。
温泉宿のコスパを考慮すれば仕方がないところですが、利用する側にとっても、一人で著名な温泉街に行っても、周りが気になって落ち着かないものです。

一人旅で温泉に出掛けるのであれば、山の秘湯や湯地場の雰囲気のある静かな温泉地がおすすめです。周りも静かですし、なによりそういった場所や地域は「一人旅」に理解がある宿が多いです。

せっかくの一人旅なのに、そわそわしながら過ごすなんて嫌ですよね。
まずは受け入れてくれる場所から、宿を探していきましょう。

一人旅料金は表示されていないことが多い

意外と盲点なのが、一人旅での宿を探す際の料金についてです。
少しホームページなどで検索をかけてみるとわかるのですが、「一人料金」が載ってない宿が多いと感じられます。
この点も、昨今の一人旅ブームの影響でだいぶ改善されてはいますが、まだまだ十分に普及しているとは言い難く、旅行者が二の足を踏んでしまう原因となっています。

一人料金を載せていないのは、宿側の事情ではあります。
勘違いしないようにしたいのは、「一人料金が載っていないから一人客は受け入れない宿なんだ」と考えてしまう点です。
あくまで載せたくない事情があるだけで、受け入れないと考えている宿ばかりではないと理解しましょう。
一人料金の記載がなくても、電話等で問い合わせたら提示されたなんてケースは数え切れないぐらいあります。
一人料金が記載されてないけど、この宿に泊まってみたいという場合は、まずは宿に連絡を取り確認するようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る